fc2ブログ
リビングピースブログ
リフォームの事、日々ふと思った事など、いろいろ綴ってみました。
シックハウスと換気の関係は・・・
昨日のお話で、昔なかったシックハウスが現代ではなぜ起こるのかが少し解ってもらえたと思いますので、今回はそのシックハウスと換気についてもう少しお話させていただきます。
シックハウスはまさに現代病です。身の周りを見渡すと化学物質を使った製品、多いです。特に室内環境を汚染している物が揮発性有機化合物であるVOCです。前回お話したように、現代の住宅は高気密な家で自然に換気出来ない家になっています。だから空気は換気出来ずに長時間室内にこもり、空気が汚染され、汚染された空気を住人は呼吸しつづけることになり、頭痛、めまい、目の痛みなどの症状が出てくるのです。
これらを軽減するには極力揮発性の少ない建材選びと十分な換気が必要です。
換気は室内環境にとって極めて重要なのです。

 例をあげると2~3日家を締め切ったまま旅行に行って帰って来て家に入るとなんだか目がチカチカする等よくある事です。これは空気の入替えがまったくされていない為に起きた事です。
次回もシックハウスについてもう少し書いていきます。
昔と今の家のしつらえとは・・・
今日は台風接近のせいか、風が強いですね。今回のお話は調湿にも関係の深い換気のお話ですが、その前に昔と現在の家のしつらえを説明します。
昔の木造の建物は廊下等で区切る空間はなく、開放的で風通しはすごく良かったのですが、すきま風がスウスウと入る家でした。それを家の中での個人のプライバシー確保とすきま風の入らない家!ということでどんどん改良されました。現在の家は各部屋で区切られていて暑さ、寒さを緩和する為、断熱材を入れ、すきま風が入らないように昔の木の窓からアルミサッシに変わった結果、現代の住宅は高気密な家となっています。その分、空気が自然には外から中には入らず、建材や家庭用品から出る化学物質が室内にこもってそれが原因でシックハウス症候群やアレルギーに悩む人が増えてきている状況です。
そこで、自然に空気が入らない状況を換気扇を使って強制的に換気することが必要になって来たのです。
現在の新築戸建やマンション等は換気設備の設置が義務づけられています。
現代の建物の中でリフォームの際も換気設備の取入れの検討が必要でしょう。
ダイケンサラリアは・・
今回は少し間が空きましたが引き続き調湿材であるダイケンのサラリアのお話です。
ダイケンのサラリアは部屋の広さによって必要面積を施工すれば珪藻土のように壁全体を施工しなくても大丈夫です。例えば天井のみ、壁のみ、または壁の1部のみの取付の場合もあります。その他ホルムアルデヒドの吸着、不快なアンモニア臭などを大幅に軽減し、マイナスイオンを半永久的に発生させます。1部の壁のみだけでも良い場合もあり、現在のクロスの上からも貼れる素材もあります。インテリア性がアップするお勧めな商品の1つです。
下記はダイケンのアートセレクトとグレイティブSです。
20060805153031.jpg

20060805153004.jpg


湿度と調湿の関係は・・・
今回引き続き湿度、調湿のお話です。 前回も書いたように湿度が70%以上でカビ、ダニが活発化し、アレルゲンとなって気管支喘息、ジンマシン、鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎を引き起こしやすくなります。40%未満で風邪、ウイルス、インフルエンザウイルス、等が活発化します。それに乾燥するので喉の痛み、お肌にもダメージとなります。
調湿材は半永久的に機能は衰える事はないのですが弱点もあります。梅雨時、何日も湿気の多い日又は乾燥が続くとがずっと吸ってばかり又は吐いてばかりは出来ないのです。乾燥させたり、湿り気を与えたりが必要です。そうすることでまた復元し機能を発揮します。



 

こんな湿気の多い季節・・・
今日も雨で、気温が上がってきたのもあってどうしても家の中がジメジメとします。   今回から数回に分けて、この梅雨時期にもっとも多くなる湿気のお話です。
同じ温度でも湿度によって人の自分達が肌で感じる温度は変わってきます。私達が暮らしやすい湿度は50%前後(40~70迄)と言われています。それより高ければダニやカビが発生します。それより低ければ今度はインフルエンザイウルスが流行する傾向があります。

調湿はこんな梅雨どき等、室内の湿度が高い時期に空気中の水分を吸収し、冬等の空気が乾燥する時期には内部に含んでいた水分を放出し、うるおいを与えてくれます。まさに呼吸する素材です。
それらの素材は脱臭、マイナスイオン放出効果等、素材によってさまざまな効果があります。
調湿効果のある素材を下記に記載しました。

 木材、しっくい、左官の塗り壁、珪藻土、ダイケンのサラリアシリーズ




 




プロフィール

なかのひろこ

Author:なかのひろこ
リフォーム会社リビングピースを運営しております。
女性ならではのきめ細かいサービスと経験豊富な職人さんの丁寧な工事をモットーに、地域に愛されるリフォーム店として日々がんばっております。
ホームページはこちら↓
House Reformリビングピース



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する