fc2ブログ
リビングピースブログ
リフォームの事、日々ふと思った事など、いろいろ綴ってみました。
湿度と調湿の関係は・・・
今回引き続き湿度、調湿のお話です。 前回も書いたように湿度が70%以上でカビ、ダニが活発化し、アレルゲンとなって気管支喘息、ジンマシン、鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎を引き起こしやすくなります。40%未満で風邪、ウイルス、インフルエンザウイルス、等が活発化します。それに乾燥するので喉の痛み、お肌にもダメージとなります。
調湿材は半永久的に機能は衰える事はないのですが弱点もあります。梅雨時、何日も湿気の多い日又は乾燥が続くとがずっと吸ってばかり又は吐いてばかりは出来ないのです。乾燥させたり、湿り気を与えたりが必要です。そうすることでまた復元し機能を発揮します。



 

こんな湿気の多い季節・・・
今日も雨で、気温が上がってきたのもあってどうしても家の中がジメジメとします。   今回から数回に分けて、この梅雨時期にもっとも多くなる湿気のお話です。
同じ温度でも湿度によって人の自分達が肌で感じる温度は変わってきます。私達が暮らしやすい湿度は50%前後(40~70迄)と言われています。それより高ければダニやカビが発生します。それより低ければ今度はインフルエンザイウルスが流行する傾向があります。

調湿はこんな梅雨どき等、室内の湿度が高い時期に空気中の水分を吸収し、冬等の空気が乾燥する時期には内部に含んでいた水分を放出し、うるおいを与えてくれます。まさに呼吸する素材です。
それらの素材は脱臭、マイナスイオン放出効果等、素材によってさまざまな効果があります。
調湿効果のある素材を下記に記載しました。

 木材、しっくい、左官の塗り壁、珪藻土、ダイケンのサラリアシリーズ




 


意外と重要なのは・・・
今日はすごい雨ですね。 このような雨の時期や暑い時期に今回は意外と重要なヒサシのお話です。昔の家は日本の気候をよく考えられていて、軒の出が深く、窓の上には必ずと言って良い程ヒサシがついていました。今は結構付いて無い家を見かけます。 これは雨が窓に直接当たり家の為にはあまりよくありません。それに夏の太陽は高度が高いのでヒサシを付ける事でかなり陽射しの直射も違ってきます。ヒサシにフックを取付けられるタイプもあり、夏にすだれをかける事が可能です。また、勝手口等の取付で直接濡れる事がなくなります。
ヒサシは建物が木造であれば後付けのタイプがあるので、付いていないお宅は是非取付する事をお勧めします。

20060626153029.jpg

20060626152956.jpg


お家の風通し、どうですか?
今は本格的な梅雨ですが、夏に向かってこれからどんどん暑くなってきますね。そこで、今回は通気の事、書きます。
空気は暑くなると上昇する性質があります。なのでお家の空気は吹き抜けや階段を通り道として上に昇って行くので、高いところに換気用の窓を開けておくと夏の熱気を抜くのに効果的です。また、窓は対角線に設けるのがより効果的です。
吹き抜け等の高いところの窓の開閉はルーバー窓やオーニング窓、たてすべり出し窓ならチェーン等があるので、1Fからの開閉も出来ます。
FIX窓を開閉の出来る窓に変更可能です。 
これからも、今の時期的な住まいの事書いていきますので、よろしくお願いします。


プロフィール

なかのひろこ

Author:なかのひろこ
リフォーム会社リビングピースを運営しております。
女性ならではのきめ細かいサービスと経験豊富な職人さんの丁寧な工事をモットーに、地域に愛されるリフォーム店として日々がんばっております。
ホームページはこちら↓
House Reformリビングピース



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する